鳴鳩雑記

https://into-deep-flow.hateblo.jp/

返信

面倒な話題に絡んでくださったご好意に甘えて、少し説明を加えさせてください。
僕が「キリスト教」と呼ぶモノは、AD325年に二ケア会議あたりから発生した、と思います。
聖職者が定められ、聖職者と信徒が、区別されました。これは、新約聖書にはない概念です。
初代教会の時代、キリスト信仰を職業とする人はいませんでした。
もちろん福音宣教者たちが、キリスト者から経済的また物質的援助を受け取るのは、聖書の定めるところですが、それは職業ではありません。
教父の時代には、受け取っていいのはその日の夜のパンまで、金銭を受け取るのはニセの働き人、とされていた記録もあるようです。
ローマ帝国文化の建築物が「公同の教会」とされ、ローマ帝国の宮廷儀式に似せた集会が行われるようになり、キリスト者の個人宅での集会が禁止され、ヘブライ文化が排除され、異教要素が取り入れられました。
それまでは、「教会」は、キリスト者、その家族、を意味する言葉でした。
ですが「教会」という言葉が、特定の宗教用の建物を意味し、聖職者や教職者という宗教家がいて、建物があって、定まったプログラムを行う、というものにすり替えられてしまいました。
これらの概念は、ローマ・カトリックを経由して、現代のプロテスタント教会にも、継承されています。
日本では、仏寺のコピーのように、住職の代わりにボクシ、本堂の代わりに会堂、檀家制度の代わりに教会籍、という様相を持っています。
本籍や住民票を移動することは、日本国民にはすべからく権利として与えられています。ですが、キリスト教の教会籍は、本人の自由ではなく、ボクシ同士のやりとりで行われます。これらの様式は、聖書にはありません。
こういった概念、価値観、様式を、僕は「キリスト教」と認識します。
ですので、僕は「教会の存在自体がキリスト教」とは考えません。
現代のプロテスタント教会の在り方を全否定する、そんなつもりはありません。我々は異邦人であり、純粋種ではなく野生種のオリーブですので、花も実も野生種のモノです。
ですので、異教の影響を受けた建物を持ち、定まったプログラムがあり、説教者が立てられて会衆に語る、それはそれであり、と思います。
教職者という職業も、福音宣教に従事できるというのは良いことですので、否定はしません。
問題点は、プロテスタント教会の「地域教会」で、その建物、組織、プログラム、教職者、それらを維持、存続、拡大することが、本来の目的にすり替わっている、そんな様相を見せていることです。
信徒は「地域教会」の実務、いわゆる奉仕に参加することが期待され、それに習熟することが実績となり、「地域教会」内での地位を得ます。
教職者はそれが正しいことのように、指導します。
所属年数が長く、実務には優れていることは良いことかもしれません。
ですがそれは、キリスト者として成長しているかどうかとは、実のところ、全く関係ありません。
「地域教会」の本来の目的は、「キリストの体」として、「キリストの充満」として、地上に存在することだと、僕は考えます。
その具体的なひとつの活動は、「信仰は聞くことより始まり、聞くことは神の言葉による」と書いてあるように、神の言葉である聖書が読まれ、解き明かされ、事実と認められ、理解され、その場にいる人間の世界観、歴史観、人生観、価値観が、再形成されること、です。
それは、ある人にとっては、イエス・キリストを救い主として受け入れて「霊の救い」を得るときになり、ある人にとってはキリスト者としての成長である「魂の救い」を得るときなります。
これは、建物、組織、プログラム、教職者、それらの維持、存続、拡大とは、関りがありません。
その「地域教会」に加わる人が、世界観、歴史観、人生観、価値観を、聖書をもとに再形成されないのであれば、残念ながら、その「地域教会」は、本来の目的からそれている、的外れと考えます。
残念ながら、所属させる事、実務に習熟させる事、献金は重んじても、「霊の救い」や「魂の救い」を軽んじる、そのような「地域教会」は実際にあります。
読みになってくださったご寛容を、感謝します。