鳴鳩雑記

https://into-deep-flow.hateblo.jp/

起点

@ガラテヤ2:20【新改訳2017】
もはや私が生きているのではなく、キリストが私のうちに生きておられるのです。今私が肉において生きているいのちは、私を愛し、私のためにご自分を与えてくださった、神の御子に対する信仰によるのです。

 

使徒パウロだから言える言葉、とか。

私にはまだまだ言えない、とか。

信仰の高嶺に至ったときに言えるかもしれない、とか。

いつか到達する心境、とか。

そう思うのは宗教です。

 

いわゆる洗礼式で、水に漬かるのは「死」であり、水から上がるのは「復活」を意味している、という事になっています。

そして、あれはイエス・キリストを信じたときに起こった「救い」を、人の前で儀式的に再現して、公に信仰を表明する、という事です。

 

ということで、ガラテヤ2:20は、スタート、起点、はじまり、出発です。

これを事実と認めること。

ここから始まるのが信仰です。